アラキドン酸を摂る生活を!

アラキドン酸を特に必要とするのは?

アラキドン酸は、人間の体内組織を形成する脂肪酸の1つです。一般的な成人の場合には食べ物などからの成分を受け体内で順調に生成されるものですが、乳幼児や高齢者などは代謝の問題でアラキドン酸を生成するのは難しいようです。

アラキドン酸が体内でどんな働きをするのかというと、摂取することで主に脳の発達や老化防止、精神の安定に対しての効果が認められています。乳幼児であれば今後の発育段階での脳への好影響、高齢者であれば心身症やアルツハイマーなどの病気への予防の効果があります。

乳幼児に必要ということは、もちろん妊娠中・授乳中の女性にも必要となってくるでしょう。疲れが溜まっている方についても、アラキドン酸を摂取することで回復効果が認められています。

食事として摂取する場合アラキドン酸がより多く含まれている食材は、肉・魚類、鶏卵、レバーなどです。どれも動物性であるので毎日大量に摂るのは難しいため、サプリメントを愛飲して補っている方も多いようです。

アラキドン酸を摂取する際に気をつけなければならないのは、アトピー皮膚炎などがあるアレルギー症状が強い方です。炎症が酷い場合には、アラキドン酸を含む食べ物を摂ることを控えるように指導されるほどなので、注意が必要です。

 またこちらのアラキドン酸の注意点についての記事も参考にご覧ください。

↑ PAGE TOP