アラキドン酸を摂る生活を!

鶏レバー料理でアラキドン酸を大いに摂取しましょう

鶏レバーには多くのアラキドン酸が含まれています。低カロリーで貧血防止にもなり、鶏レバーの持つパワーは計り知れないものですが、なかなか調理法が難しいので食卓に並ぶことがありません。
でも、一度調理法を覚えてしまえば、手軽にアラキドン酸摂取できます。

鶏レバーの一番の難所は臭みですね。下処理をしっかりやれば臭みはいとも簡単に撃退できます。流水にさらしてから牛乳に漬け込むとバッチリです。
手間だと思いますが、これさえやれば美味しくいただけるので慣れてしまえば朝飯前です。この下処理をすればどんな調理法にも進めます。

鶏レバーのレシピで人気の者といえば甘辛煮でしょうか。生姜、醤油、砂糖、みりん、酒で煮込むだけです。ゆで卵を入れたり玉ねぎを追加したりアレンジが出来ます。これのアレンジで鶏レバーニラ炒めもできますね。下処理した鶏レバーをから揚げ粉にまぶして揚げると鶏レバーのから揚げの出来上がりです。これもお子様から年配、お弁当にも適したしっかりした味です。またこちらの食事制限とアラキドン酸不足の可能性についての記事も参考にご覧ください。

とにもかくにも下処理が大事です。作ってみたら一目瞭然です。食べてみたら美味しさに病みつきになり下処理が面倒だなんて思わなくなるので不思議ですね。
定期的に鶏レバーメニューを食卓に並べてアラキドン酸で免疫力アップしたいですね。 気になるアラキドン酸の副作用についても参考にご覧ください。

↑ PAGE TOP